この記事では

いい人「すぎる」人が他人から攻撃されたりイジメられやすい原因とその性格の改善方法

を紹介します。


あわせて読みたい記事
(リンク)怒られやすい人の特徴やイライラさせる言動一覧





スポンサーリンク



いい人すぎ、と他人に感じさせる人って

基本的に

自分に自信がない、他人が怖い、他人とあまり関わりたくない、面倒は避けたい

と思ってる人が多いから

人と相対した時に咄嗟に一歩引いてしまうクセがあったり

関わりたくない気持ちが強すぎて声が小さくなったりする。

それを見た生命力が強い個体は瞬間的に

「こいつ弱い奴だ」

と気づいて時にいい人は攻撃されたりします。


一体どうすれば改善できるか。


そもそも

いい人すぎる人は大きな勘違いをしてる。

それは

「自分が引けば引くほど、謙虚になればなるほど、大人しくすればするほど、それだけトラブルや争いに巻き込まれる可能性を下げることができる」

という考え。

いい人すぎる人は心のどっかでこの考え方を信じて

ついつい他人と関わった時に過剰に「いい人」態度をとってしまう。

もちろん謙虚なことは良い事だしうるさい奴は嫌われる。

でも

いい人を過剰にやりすぎて

オドオドしたり、怖がってしまうと

性格の良さだけでなく弱さまで周囲にアピールしてしまう結果になるのです。


なので

人から攻撃されたりイジメられたりしやすい「いい人すぎる人」は

きちんと

「弱さを周囲にさらすことは損でしかない」

って事実を意識して他人と関わるようにすると徐々に性格を改善できるかもです。


具体的な行動としては

・「他人と関わるってことは利害や意見が衝突することで生きてる以上それから逃れることは不可能」だと諦めて意見や利害が衝突した際にこそ逃げずに頭をフル回転するようにする

・他人の言葉を100パーで受け止めない。頼まれごとは「できれば」が頭についてると心得る。だから焦らない。


とかおすすめですよ。


あわせて読みたい記事
(リンク)B型AB型が血液型占いを利用した悪口をされない対策方法
(リンク)いい人が何故か悪者になる仕組みと対処方法
(リンク)会社でウザい奴認定を回避する鉄則