この記事では

会社・職場で

ウザい奴認定

をされないための鉄則を紹介します。


あわせて読みたい記事
(リンク)ドラマ「ブラックペアン」人間関係を制する名言一覧(渡海、佐伯、西崎、カトパン)





スポンサーリンク



会社でウザい奴認定を回避する鉄則


・自己流のやり方で凡ミス

真面目で一生懸命な人がやりがち。

言われた通りやっときゃいいのに変に考えちゃって自分流の方法で業務をしようとする。

でオリジナリティー溢れる凡ミスをする。同僚たちから「なにしてんの」って目線浴びる。

こういう全員一致でウザッと思わせるような行動はマジやめた方がいい。

てかある程度業務をこなせるようになるまでは

言われた通りやって先輩たちもやってきたであろう「あるあるミス」をあえてしてあげた方が社内好感度はアップする。




・ミスした後の報告は素早く声ボリューム中ぐらいで

職場のテンションにもよるけど

ミスした時に逃げずに報告を素早く行うのは大前提。

問題はそのときの声のボリューム。

大きい声もウザいし小さい声だとナメられる。

あくまでフツーの声で言う。平常心を装う。




・自分話は聞かれたときだけ最低限する

自慢話や過去の話は自分から発信するとリスクしかない。

フツーに聞いてくれる人もいるけど

マウンティングの機会をうかがってる奴からすれば絶好の餌食になる。

飲み会とかでグイグイ聞かれたときに最低限答えるくらいでいい。




あわせて読みたい記事
(リンク)感情優位の失礼に対するNG対処法とおすすめ反撃方法
(リンク)
韓流ドラマ「女の秘密」スンボク(ソリン)の厚顔無恥なゴネ得戦略は稚拙だけど強い