a

この記事では

強引なレッテル張りを得意とする世渡り上手さんに

簡単に対処できる魔法の一言を紹介します。


関連記事
(リンク)
政治家が一方的に話し続ける交渉術は一般生活で使えるテクニックなのか?





スポンサーリンク




強引なレッテル張りされた場合のおすすめ逆転対処方法

強引なレッテル張りって

コミュニケーション力と突破力のある

人間関係の達人や

人を動かすプロであるマスコミなどが

よく使う手口で

効果も絶大だし

反撃もなかなか難しいです。


たとえば

たまたま食事中に肘がぶつかって

1回だけ醤油ビンが倒れてテーブルが汚れてしまっただけなのに

すかさず

「あなたっておっちょこちょいなんだね」

「視野が狭い人」

「ドジ」


とレッテル貼りしてくる人がいます。


もっと強引なケースだと

血液型や星座をもとに根も葉もないレッテル貼りしてきたり

貯金箱持ってるだけで

「ケチな人」と飛躍しすぎなレッテルを貼ってきます。


そういう人にまともに反撃しても

「器小さい」

とかさらなるマイナスイメージのレッテルを追加で貼られるのがオチです。


そんな時にオススメな一言が

「そういう事にしときましょう」

「それでいいですよ別に」


という一言。


これによって

レッテル貼りさんと同じ土俵で口論することなく

また

強引なレッテルを肯定も否定もしない。

なにより

「アンタの言ってることなんか別に気にならないし好きに言えば?」という

上から目線な立場を暗に構成できますから

マウンティングにも成功する。


ラクだし簡単だし立場も悪くならない、

一石三鳥のお得な反論方法だと思います。



よかったらご活用ください。




関連記事
(リンク)会社でウザい奴認定を回避する鉄則
(リンク)
小池百合子のトーク力の高さと世渡り上手の理由




PR