a

この記事では

口論で形勢が不利な場面で

一発逆転、マウンティング返しができる可能性を生み出す

魔法の言葉を紹介します。


関連記事
(リンク)怒られやすい人の特徴やイライラさせる言動一覧



 


スポンサーリンク




不利な公論を一発逆転できるかもしれない言葉一覧


・何言ってるか分かりません!

痛いところをネチネチ言ってくる人に対して

その回りくどい言い方に焦点を当てて論点をずらすテクニック。

論理的できちんと細部まで説明するタイプの人に有効的。




・長いよ!短くまとめて言えないの?
結論を最後に言うタイプの人が

話の外堀を埋めていよいよ核心に迫って自分を追い詰めようとするタイミングで言うと効果的なフレーズ。




・で?結局どういうこと?
相手に大きな迷惑をかけてしまった際に、最初小さな「ごめん」を言って

それでもいつまでも相手の怒りがおさまらないときに効果的なフレーズ。

相手は迷惑かかった分のストレスをぶつけてる(チャラにしようとしてる)だけで

伝えたいことがあるわけじゃないから「どういうことっていうか・・・」と言葉に詰まる。

つまりは論点ずらし。怒っている相手の脳内をフリーズさせる効果が期待できます。




・気にしすぎ!器ちっちゃすぎ!
自分のミスや間違いを棚に上げてあたかもそれを咎めた方がダメな奴だと感じさせる高度な論点ずらし。夫婦喧嘩でよく使用される。




関連記事
(リンク)
AKB指原莉乃の人たらし超コミュニケーション術



PR