a

この記事では

一流女優の鈴木京香さんの立ち居振る舞いや言葉遣いを参考に

「周りの人間から守ってもらえる愛されキャラになる方法」

について紹介します。 


関連記事
(リンク)
豊田真由子記者会見から学ぶキレずに小さな声で相手をマウンティングする方法





スポンサーリンク




鈴木京香の性格と話し方から学ぶ守られ愛されキャラになる方法

2017年9月20日のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」

にゲスト出演された鈴木京香さんは

「もっと年下と気軽に接したい」

という悩みをホンマでっか先生陣に相談して

臆病だったり気ぃ遣いな性格を改善したいようでしたが

個人的には鈴木京香さんの性格や言動にはまったく問題がないどころか

チャーミングで守ってあげたくなる素敵な女性にしか見えませんでした。

そう感じたのは私だけでなく

出演者の弁護士・堀井亜生さんも

「(堀井さんの方が鈴木さんより年下なのに)守ってあげたいという印象を受けた」

とおっしゃってました。



なんでそう感じたかを個人的に分析してみると

要因は以下の3つ。

・話すときに緊張感のある笑顔を常に浮かべる

・話す言葉を簡略化せず謙虚ワードやフォローワードをたくさんくっつける

・ツッコミや反論をしない(言葉を飲み込んで黙っちゃう)



具体的に言うと

さんまさんから49歳には見えないと若さを褒められた際には

「(クビを振って謙遜しながら)ありがとうございます、そんなことはどうでもいいんですけど」

と言ったり

ホームパーティの際を想定した後輩への発言として

「楽しんでね、でも、気を遣わないで、帰りたくなったら帰ってね」

ズバッと言い切らない言動をされていました。

そして

「あんまりモテてこなかったから」という鈴木さんの言動に対して

心理植木先生から「告白されないように気を付けてると思うんですけど」と踏み込まれた際には

「そんなことしてませんよ!」と反論するのではなく

右手を頬に当てながら

「うーん(そうかなあ・・・)」と考え込んで

さんまさんから「かわいい~」と言われていました。


こういう煮え切らない感じって

きっとサバサバ(自称)の真逆だと思うんです。

たしかに弱々しく頼りがいがない印象を受けるかもしれないけど

代わりに

周りから守ってもらえたり庇ってもらえたりするメリットもあると思います。

愛されキャラになりたい人は

ぜひ上記3つのポイントを意識して生活してみてください。



結論、

優しくて素敵な鈴木京香さんは

いつまでもそのままでいて!お願い!





関連記事
(リンク)女子バレー大山加奈の性格の良さと指導力の高さが神ってた件